「どう着るか」は、「どう生きるか」に近いような気がする。



38_Field.を包む森の風景を窓の外に臨みながら、
気持ちのよい光の中、服を製作しています。

肌触りの良いコットンや、
質感やニュアンスのあるリネンなど、
意思を持った布をまとうためのシンプルな服。


服がたくさん溢れ、捨てられていく中で、
「ちゃんと届いていく服」を。

年に1〜2回、
38_Field.やご縁のある場所で
ひらく展示受注会にて、
サンプルを元に、纏う人に合わせておつくりします。
 
 
 
 
 
 
 
心とからだを包み込む
お守りのような服を