物心ついた頃から、学校の図書室や地域の図書館が居場所でした。
本の中に、モヤモヤと言葉にできなかった思いを「文字」で見つけると、
視界がぱーっと晴れたり、心が満たされたり。

「衣食住本」

毎日1〜2冊、(ほぼ)365日
夕食を終えて、眠るまでの時間、読む時間が
私にとって1日の中で最も至福の時間です。
(次はお風呂)

年間約7万冊の本が出版されているそうです。
その中で、出会えた本の存在は小さな奇跡のようなものかもしれません。


本という、こころに触れる手触りを
本のある空間を。
本との出会いを。








38_Field.での展示に合わせた【BOOK SEA】や、





お店や企画展など、
「本のある空間」をご希望いただいた場合は、お話を聞いて、






選書し、空間をつくる活動も行なっています





・暮らし
・ファッション
・インテリア
・女性の生き方
・働くこと
・植物
・ものづくり

etc

ご依頼・ご相談は【productbymiyaiworks@gmail.com】(宮井美咲)まで

ページの先頭へ